もぎたて生スムージーでのスムージーダイエットの成功は、ダイエット後にかかっているといっても過言ではありません。

ダイエット後にしっかり回復食で過ごしてから、普通の食事に戻していくことで体重を維持できます。

いくら体重が減っても、ダイエット後すぐに普通食にしてしまうとリバウンドすることもあるので注意しましょう。

ここでは回復食の期間と適切なメニュー選びをご紹介します。

まず回復食の期間に関してですが、置き換えダイエットをしたら同じ日数をかけて回復させるのが理想的と期間分と言われていますね。

例えば3日間もぎたて生スムージーでスムージーダイエットしたら回復期間も3日間というのが一般的です。

回復期間を設けるのは、ダイエット期間中は栄養を摂っていても一時的に飢餓状態になるからです。

スムージーダイエットをすると、普通食よりも油分や糖分の摂取量が一気に減少します。
もちろんこれは悪いことではありません。

しかし油分や糖分はエネルギー源になりますから、これらの栄養の摂取量が減ると、体はよりエネルギー源を溜め込もうとします。

そのため、もぎたて生スムージーでスムージーダイエット後すぐに普通食にしてしまうと、必要以上に栄養を蓄えようとするためリバウンドしやすくなるのです。

ダイエット期間が長ければ長いほど、この働きも強くなるため、回復期間も時間をかける必要があるのですね。

次に適切な回復食のメニューですが、段階を踏んでいくのがベストです。
回復食の3食目ぐらいまでは、スープなど胃に負担をかけない液状のものを食べましょう。
スムージーはとても消化しやすいので、消化器官はその状態に慣れてしまっています。

もぎたて生スムージーでスムージーダイエット後しばらくは消化器官の機能が回復していないので、いきなり固形物を摂取してしまうと大きな負担をかけます。

ですので、3食から6食ぐらいまでは野菜スープや卵スープなどを食べるようにしてください。

その後は、お粥に鳥のささみを入れたものなど、少しずつ炭水化物と動物性タンパク質を取り入れていきます。

お粥以外では、お豆腐や煮込み野菜などもおすすめです。
お粥になれてきたら、雑炊というようにご飯の硬さも調節するといいですね。

雑炊でも胃に負担がかからないようになったら、うどんやそばなどの麺類や柔らかめのご飯に油分の少ないおかずを食べるようにしていきましょう。

ちなみに、お菓子類やアルコール類を回復期間中に摂るのはNGです。

いくらきちんと回復食を食べていても、嗜好品を摂ってしまったらダイエットも失敗します。

せっかくもぎたて生スムージーでスムージーダイエットを頑張ったのですから、頑張りがムダにならないように、回復期間までしっかり食事を管理してくださいね。

もぎたて生スムージーの口コミを見てみる