もぎたて生スムージー

基本的に、ダイエットは短期間で成功させようとすると失敗します。

理由は過度の食事制限によって栄養不足になり、脂肪が燃焼されづらくなるからです。

逆に言えば、燃焼するための栄養をきちんと摂取しながら食事制限をすれば、短期間でも綺麗に痩せられます。

そんな夢のようなダイエット方法がもぎたて生スムージーを利用したスムージーダイエットです。

もぎたて生スムージーを利用したスムージーダイエットには一週間で痩せるためのスケジュールがあるので、きちんとやり方を守って理想のボディを目指しましょう。

一週間のもぎたて生スムージー置き換えダイエットを行う場合、まずはどのぐらい体重を落としたいのか目標を決めます。

ただやみくもにスムージーダイエットをすると、体に負担をかけますし、綺麗に痩せることができません。

2kg程度なのか、4kgぐらい落としたいのかを決めて、それに合わせて実践することが大切です。

1kgから2kg落としたいという方は、1日1食をスムージーに置き換えましょう。夜はカロリーの消費量が少ないので、食事でカロリーを摂る必要はありません。

消費しきれなかったカロリーは中性脂肪となって蓄えられてしまうので、ダイエット効果が出にくくなります。

ただし1kgぐらいであれば、朝やお昼の置換えでも効果がありますから、自分の目標に合わせて置き換える食事を選びましょう。

3kgから4kg痩せたいという方は、1日2食をもぎたて生スムージーに置き換えます。ここでの鉄則は、1食は必ず夕食を置き換えることです。

寝ている間もカロリーは消費されるので、夕食をもぎたて生スムージーに置き換えれば栄養補給になります。

また、夕飯は高カロリーになりがちですから、短期間でのダイエットでは必ずもぎたて生スムージーに置き換えましょう。

2食目は朝でもお昼でも構いませんが、おすすめは朝食の置き換えです。

昼食がスムージーだと夜にお腹が空いてしまうので、もぎたて生スムージーでは満足できずストレスが溜まります。

ストレスは肥満の原因の一つですし、ダイエットの効果を下げてしまうので、朝と夜をもぎたて生スムージーにして昼食は野菜をたっぷり摂ってお腹を満たしましょう。

高カロリーな食事でなければ、昼食分は昼間の活動で消費されますから、一週間続ければかなり体もすっきりします。

本来ならもぎたて生スムージーを利用した置き換えスムージーダイエットも時間をかけて、ゆっくり体重を落としていくのがベストです。

しかし合コンや同窓会がある、狙っている人とのデートなど、一週間でどうにかしたいという場合は、このスケジュールを実践してください。

ただしダイエット成功後もしっかり続けることで、さらに美しく痩せられますから、1週間後からは普通のダイエットスケジュールでボディラインを維持してください。

もぎたて生スムージーのキャンペーンを見てみる