水やミルクで割って飲むだけの手軽なもぎたて生スムージーは、飲みごたえもたっぷりでダイエットの強い味方になってくれるけどどんな成分が入っているのか気になりますね。

危険な成分や副作用などはないのか調べてみました。

もぎたて生スムージーにはどんな成分が入っている?期待できることは?

ベリーがたっぷり入った甘酸っぱい味も人気のもぎたて生スムージーですが、原材料名を見てみると実にたくさんの成分が記載されています。原材料名はたくさん入っている成分から記載されることになっているのですが、一番最初に記載されているのは水溶性食物繊維のポリデキストロースです。

もぎたて生スムージーは商品名ですが名称は食物繊維含有加工食品となっています。成分内容を見ても水溶性食物繊維がたくさん含まれていることが分かります。他にもパパイヤエキスやビルベリーエキス、植物発酵エキスなど酵素がたっぷりで抗酸化作用の高い成分が書かれています。

美容に嬉しいコラーゲンペプチドやプランタゴオバタ末、殺菌乳酸菌末もしっかり入っています。メイン成分とも言える水溶性食物繊維は、お通じを良くしてくれるのに役立ちます。また、糖質が吸収されるのを穏やかにする作用もあるのでダイエットや血糖値対策にも役立ってくれ、中性脂肪を減らす作用もあります。

ダイエット中は便秘になりやすいですが、水溶性食物繊維と乳酸菌までばっちり入ったもぎたて生スムージーを飲んでいれば便秘になる心配もなさそうです。また、糖質や中性脂肪もカットしてくれるので効率よくダイエットできます。

酵素もダイエットには欠かせない燃焼をサポートしてくれる成分で、プランタゴオバタ末は水を含むとどんどん膨らみ満足感をもたらしてくれます。

美容サポートのコラーゲンペプチドまで入っている充実の内容です。原材料名にはいろんな名前が書かれていますが、スラッシュ以降に書かれた成分が添加物になります。添加物と言えば身体に悪そうなイメージがありますが、ビタミンCやビタミンB群、葉酸などがスラッシュ以降に記載されています。

不足しがちなビタミンや鉄分もしっかり補給できます。

酸味料や甘味料など少し気になる添加物も入っていますが、味や風味を整えるために入っている程度なので気にするほどでもないでしょう。

もぎたて生スムージーは安全?副作用はある?

もぎたて生スムージーには先ほども紹介したように、水溶性食物繊維が多く含まれています。

ポリデキストロースと難消化性デキストリンという2つの水溶性食物繊維が配合されていて、糖質の吸収を抑えたり腸内環境を整えたりとダイエットに役立つ働きがあります。しかし中には、この水溶性食物繊維の働きによって下痢になってしまう人もいるようです。

消化を遅らせる作用がある成分なので、服用してからすぐに激しい運動などをするとお腹が痛くなったり下痢をする人もいるので注意してください。また、いろいろな野菜や果物、穀物などが原材料となっています。

ベリー類やパパイヤ、リンゴなどの果物から、植物発酵エキスは落花生やカシューナッツ、山芋などが原料となっているので、これらの食べ物にアレルギーがある人は要注意です。

食物アレルギーがある人は原材料名をしっかりチェックして、気になる成分があれば控えた方が良いでしょう。副作用ではありませんが、体質によってはお腹が緩くなったり食物アレルギーの症状が起こる可能性があることも知っておきましょう。

もぎたて生スムージーは水溶性食物繊維や乳酸菌、プランタゴオバタなどダイエットサポートの成分がたっぷり入っています。
しかし下痢になったり、食物アレルギーの症状が起こる可能性もあるので原材料名はしっかりチェックしてくださいね。

もぎたて生スムージーの購入はコチラ>>